食学とは

日本、及び世界各地に伝わる民間療法からご家庭に代々伝わる「お婆ちゃんの知恵袋」レシピ、マクロビオティックや日本古来の食養学、現代栄養学まで全ての「食の知恵」を指し示すのが「食学」です。
 

IFCA(国際食学協会)では、2005年の食育基本法成立に伴い消費者志向でのさまざまな角度から調査・研究を行った結果「食育」を普及するためのキーワード、及び食文化・食の理論における知恵・学問・学術の総称を表す言葉として「食学」を定めました。
 

食育基本法が制定されるまでの経緯としては、1988年に小泉純一郎氏(元総理)が「厚生省としては食が一番大事なのではないか?」と述べたことに端を発し、1993年には厚生省監修で『食育時代の食を考える』という著書が出版されました。
 

また、マクロビオティック指導者の久司道夫氏は、議員会館で講演を行ったことがあり、国会議員が80人ほど集まったことがあるそうです。その後、平成14年11月21日自民党の政務調査会に「食育調査会」が設置されることになります。
 

「産地偽装」など食の安全を揺るがす事件が多発したことから、食育で消費者の不安や不信感を取り除くことが当初の目的でした。その後の翌平成15年に小泉純一郎・総理大臣(当時)の施政方針演説に取り上げられて「食育」という言葉が認知され、食育基本法が制定されることになります。

基本は玄米菜食

日本の伝統的な日常の食事形態のひとつとして「一汁一菜」があります。主食・汁物・惣菜・香の物の4品を揃えた献立のことをいいます。もともと鎌倉時代に質素倹約を美徳とした禅寺の食事スタイルです。庶民にとってはこの一汁一菜でさえも実は日常の食事としては贅沢なもので、ごはん・汁物・香の物の3 品が通常の食事メニューでした。
 

それでも栄養のバランスが摂れていたのは、白米ではなく、玄米が一般人の主食であったためです。ではなぜ、玄米を主食にすることで粗食といわれる献立でも栄養バランスが保てていたのでしょうか?

玄米を主食として旬の野菜、穀物を中心にいただく食のスタイルが「玄米菜食」です。白米はお水につけても発芽はしませんが、玄米は芽を吹き出します。生きている食材ということですね。
 

玄米は栄養素のバランスに優れ、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの成分がたっぷりと含まれています。栄養学的な視点から「完全食」といってもいいくらいです。
 

またデトックス効果も非常に高く、特に味噌汁を献立に加えることでより一層その効果が高まります。健康にも美容にもとても良い食のスタイルが、この「玄米菜食」といえるかもしれません。世界のセレブがこの玄米菜食に夢中になるのも理解できますね。

 

さて、あとは粗食としての「玄米菜食」から、現代風のオシャレで美味しい「玄米菜食」のいただき方を知ることで、ワンランクアップした食生活を楽しむことができます。
 

この機会に「玄米菜食」をぜひみなさんのライフスタイルにも取り入れてみて下さい。

LINE公式アカウント
始めました!

セミナー情報や国際食学協会の講座情報を配信します!

ハイパフォーマンスを叶える「シンプル料理」のコツなどもどんどん配信しますのでお楽しみに!!

友だち追加

食事で肌コンプレックスを美肌と自信に変える救世主になります!

      出口 文美
    (でぐち あやみ)

【保有資格】
IFCA国際食学協会
準食学士

食学調味料アドバイザー
食学アドバイザー認定講師
美容食学A級S

ビューティー遺伝子カウンセラー
ダイエットカウンセラー
体質別ダイエット診断士

Instagram

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。